焼き付き防止剤 | 潤滑コーティング剤

潤滑コーティング剤は主に機能摩擦や金属同士の磨耗からの焼き付き防止剤として機能します。また、潤滑剤は排気による水分からの腐食や部品の塗装のはく離を防ぐためにも使われます。

耐熱性、耐圧性に優れた焼き付き防止潤滑剤
焼付防止潤滑剤は工場や設備の保護に優れた力を発揮します。ロックタイトでは機械の歯車を効率よく潤滑させ、金属同士の摩擦を軽減し、かじりや焼付きを防止する焼付き防止剤(アンチシーズ)をはじめ、二流化モリブデンを高濃度に配合したドライフィルム(乾性被膜潤滑剤)潤滑スプレーや、潤滑油とは異なり流動性質を有した焼付き防止グリスなど、様々な工業用途の基準を満たす製品を取り扱っています。

潤滑コーティング剤を選ぶときに考慮すべき重要なことは?
潤滑剤を選ぶとき、アプリケーションとアセンブリーがさらされる環境条件を考慮することが重要です。環境条件は最適な潤滑剤製品の選択にとって最も重要です。高温、強化学薬品や混入物などの要素が潤滑剤の性能に悪影響を及ぼすことがあります。


アンチシーズ ドライフィルム潤滑剤 潤滑グリース

フリコート 剥離剤